Kids on Music! 2 -Jazz & Dance-

2017年5月7日(日)
めぐろパーシモンホール (小)

子供用ではない本物の音楽を子供のために

クロスオーバージャズで人気を博す”M-Swift”、
そして”Jazzy Sport”所属”Stax Groove”のメンバーによる、
子供たちのための本格的な音楽&ダンスのコンサートが、
今年のGWに開催決定!

◆場所 めぐろパーシモンホール小ホール

◆日時 2017年5月7日(日)
・第1回公演 開場13:00 開演13:30
・第2回公演 開場15:30 開演16:00
*ステージは途中10分ほどの休憩をはさみ80分程度を予定しています

◆出演
・Jazz Band / Kids on Music Jazz Sextet (M-Swift)
・Tap Dance/ Lily & Tap Dance Company Freiheit
・Jazz Dance / IZM.&MUNE(Stax Groove)
・Cryber&Rad(Broken Sport / Freedom Liberator)
・Jazzy Sport Shimokitazawa & Koshigaya GOODTIMES Dancers

“子供のためにデザインされた音楽ではなく本物の音楽を聞かせたい“という想いから世田谷で産声をあげた”Kids on Music”がついにホールで開催!今回は初のホールでの開催ということで、キッズ・オン・ミュージック・セクステットとしてトッププレイヤーたちによる6人編成のジャズバンドが登場。さらにタップダンサー、ジャズダンサーたちがも登場し、生演奏とダンスによる思わず体を動かしたくなるような幼児から大人まで楽しめる本格的なステージとなります。

今回のバンドを率いるのはイタリアIRMA Recordsからアルバムをリリースし、NHKのリオオリンピックのサウンドロゴなども手がけるM-Swiftこと松下昇平。そしてタップダンサーとしてニューヨーク・ハーレムに実在するジャズクラブ「コットンクラブ」にも出演したLily、さらにはJazzy Sport所属の現在の日本のジャズダンスシーンを引っ張るダンス集団Stax Groove、Broken Sportsから選抜メンバーがジャズダンスで参加。生演奏とダンスが融合したここでしか見られない、本当にに子供に見せたいコンサートとなります。

またライブ後半は各ダンスチーム所属の精鋭キッズチームも出演し、さらに彩りを加えてくれます。生演奏をバックに大人数で音楽を共有する魅力も紹介していきます。タップやジャズダンスで一緒に体を動かすコーナーもあります。お楽しみに!
◆ジャズバンド
Kids on Music Jazz Sextet(M-Swift)

今回、6人編成のバンドを率いるのはM-Swiftこと松下昇平。ジャズ /クロスオーバー界の実力派プロデューサー。2007年にイタリア IRMA Recordsと契約以降、ヨーロッパ、アメリカなど国内外のメジャー・インディーズから4枚のオリジナルアルバムをリリース。その一方で青山テルマ、佐藤竹善May’n、アジアの歌姫シャリースらへのアレンジ、リミックス提供、映画『スマグラー』、2012年沖縄映画祭出品作品『ワーキングホリデー』、ドラマ「でたらめヒーロー」等の劇伴音楽も担当し実力を発揮する。2016年NHKのRIOオリンピックの公式サウンドロゴも手がけ話題を呼んだ。現在ロンドン録音でのニューアルバムを制作中。今回はキッズ・オン•ミュージック・ジャズ・セクステットとしてスペシャルライブを披露する。その他メンバー: 川崎太一朗(トランペット)服部正嗣(ドラムス)坂崎拓也(ベース)後藤篤(トロンボーン)柳準一(ピアノ)
◆タップダンス
Lily&Tap Dance Company Freiheit

岡山県出身。中央大学法学部法律学科卒業。20歳でTAPと出会い、大学卒業後New Yorkへ単身渡米。
出演映画『ENSAMBLE』ではカンヌ、ニューヨーク、ベルリン、ロンドン、ソウルの国際映画祭にノミネートされ、アワード受賞。ニューヨーク・ハーレムに実在するジャズクラブ「コットンクラブ」にも出演。現地でも高く評価される。2011年より、TAPを通じて人・地域・企業をつなぎ社会貢献活動を行う、『フライハイト・タップ・コントリビューション・プロジェクト』を発足。東日本大震災復興支援活動から教育機関での講演、福祉施設訪問、チェアタップダンスセミナー開講、TV出演、大学講師など精力的に活動している。Tap Dance Company Freiheit主宰 中央大学クレセント・アカデミー講師 / 桜美林大学多摩アカデミーヒルズ講師 中央大学タップダンスサークル監督

◆ジャズダンス
STAX GROOVE

IZM,YOSS,SHUN,MUNEの4人を軸とするダンスクリエイター集団。自身監修によるDVD“welcome to Sanctuary Blue”が話題をよび、 英国音楽誌「Straight no chaser」「Metro」へ掲載されヨーロッパをはじめ、英国・アジア各国へ招聘される。 2006年”Poland Jazz Festival”、2007年”Jakarta Crossover JAZZ Festival”へゲスト出演。2008年にはSONY Music internationalより映像付CD-Extra “Steppin Jazz Sol”をリリース。また、安室奈美恵、浜崎あゆみ、TUBE、キマグレン、RHYMESTER、田原俊彦等数多くのサポートダンサーをはじめ、アニメ「プリキュア」コナミのゲーム「ビートマニア」等の振付監修や、ベネッセ教材振付等、キッズへのダンス指導など世代に関係なく踊る事の意味・表現方法を伝えている。またJazzy Sport下北沢店、Good Times Dance Academyの協力を得て大人数によるパフォーマンスも披露します。